※とてもとてもご無沙汰しております。皆様お元気でしたか?ブログ著者です

(*・ω・)<こんにちは!

北陸新幹線のおかげで、富山は首都圏から気軽に日帰りもできる場所になりましたね。

北陸といえば、著者は仕事やプライベートで富山へいくことが多いのですが、
その富山が誇るB級グルメ 「富山ブラック」 をご存知でしょうか?


その名の通り、真っ黒なスープで、濃厚だけどパンチの効いた味。
富山に立ち寄った際はぜひ味わっていただきたい品です。

今回は、富山のソウルフード「富山ブラック」をご紹介したいと思います(*^・ェ・)ノ
37598





◎「富山ブラック」本来の商品名は“中華そば”


富山ブラックの原型は1955年頃、富山市中心部で富山大空襲の復興事業に従事していた食べ盛りな若者の昼食として、
また汗をかく肉体労働者のための“塩分補給”として、とある屋台の店主が醤油を濃くしたスープのラーメンを作ったのが起源。

のちにその屋台は屋号を「大喜」として富山市西町に店を構えたそうです。

現在富山で営業されているお店は、当時の店長が閉店を決意したあと、企業が屋号を買い取り西町大喜の店名で多店舗展開したものだそうです。


のちにネットで「富山ブラック」と呼ばれ話題となり、
ついには全国に知られる富山のご当地ラーメンとしてが定着していったそうです。


37597
富山の復興を支えた味、現在は地元民はのみならず全国規模で愛される味に。






◎しょっぱい!それがいい!元祖の味「西町大喜」

37600

閉店した大喜の味を継承した西町大喜は、富山市内に5店舗を展開されています。

富山ブラックの原点を知るには、この店がいちばんです。

チャーシューと粗切りネギがたっぷり。
パンチの効いた味に仕上げられているため、ついついご飯が進みます。
塩分補給とエネルギー補給、まさしく労働者のための味ですね。

37599
小と大がありますが、小でほかのラーメン店の並の量です。




◎北陸新幹線開通、富山の玄関口に西町大喜がオープン

もともと富山市内に4店舗構えていた西町大喜ですが、
北陸新幹線開通後、富山の玄関口でもある「とやマルシェ」内に新しく店舗がオープンされたそうです。
お土産ものの店舗の横にあるので、買い物おわりの休憩がてらや、富山の最後の思い出として
ぜひともチャレンジしていただきたいですね。


ちなみにブログ著者は富山滞在の3日間、
一日一ブラックな生活でした。

(*・ω・)<塩分過多!!(笑)



〇今回行ったお店はこちら〇

西町大喜二口店
〒939-8204 富山県富山市根塚町3丁目9−10
年中無休


西町大喜本店
〒930-0063 富山県富山市太田口通り1丁目1−7
定休日:水曜日(祝日の場合は翌日)


西町大喜 とやマルシェ
〒930-0001 富山県富山市 明輪町1-220 きときと市場 とやマルシェ
年中無休